お知らせ&社長ブログ「Webデザイナーの呟き」

ピクセル工房からのお知らせや、仕事のこと、日々の出来事、プライベートなど、思いついたことを書き綴っています。たまに愚痴などもありますが・・・。(たまに?)

▼ブログメニューはこちら▼

カテゴリー:仕事

« 古い記事 新しい記事 »

締太鼓型根付

締太鼓型根付

締太鼓型根付

ご注文のあった締太鼓型根付が完成しました。
発送の準備をいたします。

こちらで販売しております。「阿波おどり三昧!」

もちろん本業のホームページ制作の仕事もしておりますが、パソコン作業だけじゃなく、たまにはこういう手先の細かい作業をすることで、気分転換になってリフレッシュしたり脳を活性化させたりと、ボケ防止にもつながるのかな、と。(笑)


カテゴリー:仕事日記
コメント:

ウェブマスター向け公式ブログ

ウェブマスター向け公式ブログ

ウェブマスター向け公式ブログ

今朝の新聞にも載っていましたが、Googleが「ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。」と発表。
詳細は、こちらの記事を直接読んでいただいたほうが良いと思いますが、
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html
ようするに、儲けを上げる目的で、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位を下げちゃうよ、ということらしいです。
対象となるのは、いわゆる「キュレーションサイト=まとめサイト」みたいなものが含まれているようですが、それだけというわけでもなく、また「まとめサイト」がすべてだめというわけでもないと思います。
実際、「まとめサイト」を便利に使っているユーザーは結構たくさんいると思うのです。
今回のGoogleの措置は、ある特定のサイトが過度なSEO対策を施していたことが問題になったということらしく、これはすなわちSEOスパムに対するペナルティみたいなもんでしょう。

Googleは、「有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。」というように言っています。

結論から言いますと、ユーザーのことを第一に考えた、良い内容のオリジナルなサイトを作れば、SEO対策などしなくてもユーザーは閲覧に訪れるはずだし、その結果として検索の順位も上がってくるはず。・・・と私は思うのですが。


カテゴリー:仕事日記
コメント:

Photoshopで冷や汗

Photoshop

Photoshop

あちゃー! またやっちまったーー!!

Photoshopで、3時間ぐらいかけて1枚の写真の合成やら色調補正やらいろいろと加工しまくって、最後に統合してJPEGで書き出して、ファイルを閉じようとすると、「変更を保存しますか?」と出ました。
普通は保存しますが、ここでは統合してしまった後なので、こんなところで保存してしまうと、たくさん分かれていたレイヤーが消えてしまうので、「いかんいかん。危うく保存してしまうところだった」と思って、何も考えずに「いいえ」を押してしまい、そのまま閉じてしまったのでした。

え!?
ちょっと待て!
統合前の状態のときに保存してあったっけ?
慌てて、元ファイルが入っていたはずのフォルダを開けてみましたが、該当するPSDファイルがありません。

げーーーー! そんなばかなーーー!!

さ、3時間もかかったのにーー!
いえ。こんな経験は初めてではありません。過去にも何度もやりました。
何度も何度も同じ過ちを繰り返しています。
全く、学習能力の無いヤツだ!<自分

・・・と、しばらくは呆然としていましたが、気を取り直し、
「まあ、何度もPhotoshopの練習をさせてもらって、また一つ合成の技術が経験値として上がったと思えば、それも無駄じゃないな」
などと、負け惜しみを言うことで気を紛らわすしかありません。(笑)
最終的に必要だったJPEGファイルは一応完成して別名で保存済みだったので、とりあえず最悪の事態(最初から作り直し)はなんとか免れたわけですが・・・。

しかし、昨日ブログで、「時短」のことについて書いたばかりだというのに、「時短」どころか「時長」じゃないか。

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・と思って落胆していたのですが、ふと思って、Photoshopのファイルメニューの、「最近使用したファイルを開く(T)」というメニューをなにげに見てみると、なんと、そこに先ほど保存せずに閉じた(と思っていた)ファイル名が。
え?え?
もしかして・・・。
と思って、それを開けてみると、なんと、保存していないと思っていたファイルが、ちゃんとレイヤーも保持されたまま開いたのでした!

よかったーーーーー!!

保存していないと思っていたのですが、実は無意識のうちにどこかで保存していたのでした。
先ほど開けたフォルダにはなかったので、そう思い込んでいたのですが、どうやら別のフォルダの中に保存していたらしいのです。

全く人騒がせなヤツだ!<自分

ということで、今回は私の単なる勘違い。保存できていなかったと思っていたけど実はちゃんと保存していた。というオチでした。(冷汗)


カテゴリー:仕事
コメント:

時短

HTMLコード

HTMLコード

ふと思ったのですが、よく考えると当たり前のことだし別に珍しいアイデアでもないということに気づきました。
今頃?と言われるかもしれません。

私はホームページを制作するのが仕事なのですが、例えば、コードを1行書くときに、いつもより1秒早く書いたとします。
10行で10秒。100行で1分40秒。これをどんどん積み重ねていくと、サイト全体では数時間という時間短縮に繋がります。
1行につきたった1秒でこの差です。じゃあ、今までの2倍のスピードで仕事をこなすとどうなるでしょう? 今までの2倍の数のサイトを制作できるという計算になります。

この考えを、仕事だけじゃなく自分の全ての行動に当てはめると、いつも行っている行動を2倍の速度でこなせれば、人生が2倍になるということにならないでしょうか? つまり人生80年だっとしたら160歳まで生きたと同じぐらいに…。

まあ、実際に全ての行動を2倍速で行うのは、事実上不可能でしょうが、1秒2秒早くすることなら充分可能だと思うのです。


カテゴリー:仕事日記
コメント:

漢字?ひらがな?

下さい 頂きます ください いただきます

漢字 ひらがな

ホームページを作成していると、文章の中でよく出くわす問題点。
「ください」「下さい」、「いただきます」「頂きます」のように、ひらがなと漢字。
どっちを使うか?
おそらくは、あまり気にせず普通にどちらも使ったりすることが多いと思いますが、私自身も、サイト内でどちらかに統一さえしておけば、どちらを使ってもかまわないとつい最近までは思っていました。
しかし、ネットでいろいろ調べてみたら、「ください」「下さい」の場合や「いただきます」「頂きます」は、シチュエーションによって使い分けたほうがいいという意見もあるようです。
もちろん、その意見自体が正しいのかどうか、または日本語の文法的にそういう決まりがあるのかないのか、それさえも定かではありません。というか、そこまで調べきれませんでした。

「○○とお書きください」「○○と書いていただきます」などのように、相手に対し、何か行動をお願いする場合は「ください」「いただきます」とひらがなで書き、「その○○を私に下さい」「この商品を頂きます」というように、相手に物をもらう場合には「下さい」「頂きます」と漢字で書くのだそうです。

調べた限りでは、この説が多かったので、とりあえず私はこの方式で文章を書くように心掛けています。
もし、「いやそれはこういうのが正しいのだよ」という正解をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。


カテゴリー:仕事日記
コメント:

漢字の読み方

臭い【くさい】【におい】

どっち?

私は、ホームページ制作業という仕事柄、文章の「読みやすさ」には普段から気をつけているつもりです。
例えば、一つの漢字でも、たいてい複数の読み方がありますよね?
ほとんどの場合、さほど問題なく使い分けて、前後の文章の流れから「読める」とは思うのですが、「読める」というのと「読みやすい」というのは違う場合があるように思います。

「真ん中から右の方の方は、一歩前へ。」
これは、「まんなかからみぎのほうのかたは、いっぽまえへ。」ですが、「ほう」と「かた」という、違った読み方の「方」が続いているため、見た目が「う~ん、なんだか…」感がします。

「臭い臭いがする。」
これは、「くさいにおいがする。」ですが、「くさいくさいがする。」と思わず読んでしまいそうです。もちろん、前後の文章の流れで、そんな間違った読み方はしませんが、これもなんとなく「う~ん、なんだか…」感がします。

このふたつの例は、いずれも漢字とひらがなを混ぜるか、両方ひらがなを使用することで「う~ん、なんだか」感を解消することができます。
「真ん中から右のほうの方は、一歩前へ。」
「臭いにおいがする。」
これならすんなり読めますね。


カテゴリー:仕事
コメント:

年末のごあいさつ

 

Photoshopヅラ

Photoshopヅラ

今年も一年、お世話になりました。
新規ホームページ制作、フルリニューアル、部分的な更新など、多くのクライアント様とのお付き合いの中で、いろんな勉強をさせていただきました。
また来年も、株式会社ピクセル工房をよろしくお願いいたします。

2016年1月末から始めたインドア・サイクリング(一部実走も含む)も、約11ヶ月のトータルで6,484kmとなりました。
来年は正月早々から始めればまるまる12ヶ月あるので、もっと距離も伸ばせるでしょう。きっと!・・・たぶん・・・。
ではモニターの向こう側でお会いしましょう!

良いお年を!!


カテゴリー:仕事日記自転車
コメント:

モバイル対応は急務という話

検索サイト

検索サイト

簡単に言えば、「パソコン版しかないWebサイトは検索結果のランキングを下げちゃうよ」っていう感じです。

モバイル対応には大きく分けて二つの方法があり、ひとつはパソコン版Webサイトとは別に、モバイル用のWebサイトを作成する方法。もうひとつは、「レスポンシブWebデザイン」という方法です。
検索エンジン大手のGoogleでは、「レスポンシブWebデザイン」を推奨しています。

レスポンシブWebデザインとは、一つのWebサイトのコンテンツを、パソコンで見てもタブレットで見てもスマホで見ても、その画面の横幅に合わせてレイアウトを変化させ、文字の大きさやボタンのサイズなども調整し、ユーザーが読みやすく、また使いやすいサイトにするためのデザイン手法です。

「デザイン」と名乗ってはいますが、この手法はほとんど、コーディングという「裏の面倒なコードを書く作業」で実現していますので、我々ホームページ制作業者としては、結構手間が掛かります。ですから、どうしても制作料金が高くなります。

しかし、今やパソコンよりもスマホ等のモバイル機器のほうがはるかに普及し、検索もスマホで行う人のほうが圧倒的に多くなっていますので、Googleもこの状況に対応するため、モバイルフレンドリー(モバイル機器での閲覧に対して親切な設計のWebサイト構造になっている)なサイトを、検索時に優先的に上位に表示させようという動きにシフトしていっているようです。

もちろん、業種によっては、モバイル機器から閲覧に来る人はほとんどいない(例えば特殊な業種で、一般の人が探してくることはあまりなくて、役所関係の人がパソコンで見ることがほとんど)という場合もあるでしょう。ですが、閲覧者がパソコンから見に来るかスマホから見に来るかにかかわらず、モバイル対応していないサイトは、やがて検索エンジンから相手にされなくなる・・・という日が来るかもしれません。(いや、すでにそうなりつつある?)

ちなみに、株式会社ピクセル工房では、新規・フルリニューアルのお客様に対し、レスポンシブWebデザインをお勧めしています。


カテゴリー:仕事
コメント:

はまぐち歯科医院様HPリニューアル

はまぐち歯科医院様HP

はまぐち歯科医院様HP

阿南市の「はまぐち歯科医院」様のホームページが新しくなりました。

———————————————–

むし歯や歯周病になる前の予防治療を大切にしています。患者様が安心して受けられるような環境を提供し、一人ひとりの患者様に最適化した診療が受けられますように、インプラント、矯正、審美治療にも重点を置いております。

———————————————–
ホームページより引用。

はまぐち歯科医院様のホームページはこちら。
http://hamaguchidc.jp/

弊社制作の新規ホームページ・フルリニューアルは、累計141件になりました。


カテゴリー:お知らせ仕事
コメント:

Adobe Creative Cloud 2017

Dreamweaver CC 2017

Dreamweaver CC 2017

Adobe Creative Cloud の2017年版アップデートしてみました。
とりあえず私がいちばんよく使っているのはPhotoshopとDreamweaverですが、いきなりアップデートして、「あっ!しまった!前のバージョンの方がはるかに使いやすかった!」と後悔するのは嫌なので、前のバージョン(2015)は残したまま、2017を新規にインストールすることに。

まずはDreamweaver。
前バージョンが、私の環境下ではかなり起動が不安定、かつ、終了もなかなかしないとか、途中で異常終了したりとかで、結構イライラものだったのですが、今回のは起動も終了もめっちゃ早いし、作業中の動作も特に問題なしです。よかったよかった。
機能的にも、だいぶ使いやすい新機能が増えているようですし、なかなかいい感じです。
ただ、いつものことながら、前のバージョンではあったものが今回なくなっているとか、場所が移動しているとかで、使いにくくなったと感じる部分もあります。これは仕方がありません。私が使いにくいと思っても、他の人は逆に使いやすくなったと感じる場合もありますから、それは人それぞれです。
インターフェイスもだいぶ変わっているので、慣れないうちはちょっと違和感がありますが、これはそのうち慣れていくでしょう。
「ブラウザでプレビュー」は、「リアルタイムプレビュー」となり、編集画面で編集している動作がタイムラグなしに、ほんとにリアルタイムでブラウザ上の表示が変わっていくのがすごいです。今までは「編集」→「保存」→「ブラウザでプレビュー」という流れでした。今はいちいち保存することさえ必要なくなっています。

つぎにPhotoshop。
・・・え?
どこが変わっているの?
ぱっと見、どこも変わっている気がしません。インターフェイスも一緒だし、ファイルを開いても特に違いがわからないです。
強いて言うなら、新規ドキュメントを作成するときに出るダイアログの画面がだいぶ違いますね。良くなったのか悪くなったのかは人それぞれ好みが違うのでなんとも言えないですが、これ自体はたいしたことではないですよね。

と言いつつ、調べてみるといろいろ変わっている部分や新機能などもあるようです。またバグフィックスもされているようで、これから使っていくに従ってそれら変更点は実感できるようになるかもしれません。

ゆがみフィルターの中に、「顔立ちの調整」というのができていますが(今回初めて知りましたが、実はすでにCC 2015.5で導入されていたようです)、目の大きさや鼻の高さ、顔の形状などを編集できるようになっているみたいです。
こんなの駆使したら、全く別人を作ることも可能になってしまいますね。
先日、私が自ら顔写真を使って「Photoshopヅラ」というのを作りましたが(笑)、今後は「Photoshop整形」も簡単にできるようになりますね。
もともとPhotoshopって、実際にはあり得ない画像を作り出すのは得意分野だとは思っていましたが、はてさてどこまで行くのでしょうか?


カテゴリー:仕事
コメント:

« 古い記事 新しい記事 »

コンテンツ案内

▲PAGETOP▲