お知らせ&社長ブログ「Webデザイナーの呟き」

ピクセル工房からのお知らせや、仕事のこと、日々の出来事、プライベートなど、思いついたことを書き綴っています。たまに愚痴などもありますが・・・。(たまに?)

HOME > お知らせ&社長ブログ > はっきりしない画像の修正

▼ブログメニューはこちら▼

« »

はっきりしない画像の修正

明暗混在写真

─明暗混在写真─

例えばこんな写真。
画面左半分は日陰になっていて、被写体である阿波おどり像がバックに溶け込んでしまっています。
また、右半分は太陽の光が当たっており、露光過度の状態で、白い部分はやや飛び気味です。
このように、1つの画面内に露光不足の部分と露光過度の部分が混在している写真。よくありますよね。人間の目はよくできていて、撮影時にはあまり気にせずにカメラ任せでシャッターを切りますが、写った写真を後から確認するとこんなふうに。

さて、こういうふうに、なんとなく「う~ん」な写真を、少しでも見やすくわかりやすい写真にするために、Photoshopなどの画像編集ソフトで修正を加えます。

ただ単に、暗い部分を明るく、明るすぎる部分を暗くするだけなら、色調補正の「レベル補正」とか「トーンカーブ」とか、あるいは「シャドウ・ハイライト」や「HDRトーン」などを使えば調整ができます。
しかし、この写真のように、阿波おどり像がバックに溶け込んではっきりしないような写真の場合には、単にシャドウ部を明るくしただけでは効果が今ひとつです。

いくつか方法はあるのですが、ここでは「Camera Rawフィルター」を使用して、いくつかの修正を組み合わせてみました。

明暗混在写真

修正前

修正後1

修正後1

修正2

修正後2

修正後3

修正後3

修正後1は、Camera Rawフィルターを使って、特定の領域の明るさ調整、彩度や輝度の調整、周辺光量、シャープネスなどを細かく調整しました。

修正後2は、更に「フィールドぼかし」で周辺をぼかしました。

修正後3は、更に更に、Camera Rawフィルター→レンズ補正→ゆがみ をタル型のほうに変形させ、超広角レンズで寄って撮影したようにして、主たる被写体の阿波おどり像を強調させました。

修正前の画像と比べてみてください。カメラマンが見る人に訴えかけたかった主題が、だいぶはっきりとしてきたと思います。

普段、カメラマンが肉眼で見た風景が、そのまま写真に写るなら、こんな修正は必要ないのかもしれません。ですが、今回の例のように、見たときの印象と違った画像になってしまうこともよくあります。
そういうときこそ、Photoshopなどの画像編集ソフトの出番です。

ただし、「やりすぎ」はいけません。あまりいじりすぎると、どんどん画像が壊れていきます。どのぐらい補正すれば良いかという「さじ加減」は、やはり経験値を積んでいくしかないでしょう。
それと、元画像および修正した画像のPSDファイル(レイヤーやフィルターの適用内容を保持したPhotoshopデータ)はちゃんと別の場所に保存しておきましょうね。決して「上書き」したり「削除」したりしないでくださいね。(フィルターをかけるまえに「スマートオブジェクトに変換」しておけば、スマートフィルターとして適用内容が保持されます。あとで何度でも再調整が可能になります)


カテゴリー:仕事
コメント:

コメントは受け付けていません。

« »

コンテンツ案内

▲PAGETOP▲