お知らせ&社長ブログ「Webデザイナーの呟き」

ピクセル工房からのお知らせや、仕事のこと、日々の出来事、プライベートなど、思いついたことを書き綴っています。たまに愚痴などもありますが・・・。(たまに?)

HOME > お知らせ&社長ブログ > モバイル対応は急務という話

▼ブログメニューはこちら▼

« »

モバイル対応は急務という話

検索サイト

検索サイト

簡単に言えば、「パソコン版しかないWebサイトは検索結果のランキングを下げちゃうよ」っていう感じです。

モバイル対応には大きく分けて二つの方法があり、ひとつはパソコン版Webサイトとは別に、モバイル用のWebサイトを作成する方法。もうひとつは、「レスポンシブWebデザイン」という方法です。
検索エンジン大手のGoogleでは、「レスポンシブWebデザイン」を推奨しています。

レスポンシブWebデザインとは、一つのWebサイトのコンテンツを、パソコンで見てもタブレットで見てもスマホで見ても、その画面の横幅に合わせてレイアウトを変化させ、文字の大きさやボタンのサイズなども調整し、ユーザーが読みやすく、また使いやすいサイトにするためのデザイン手法です。

「デザイン」と名乗ってはいますが、この手法はほとんど、コーディングという「裏の面倒なコードを書く作業」で実現していますので、我々ホームページ制作業者としては、結構手間が掛かります。ですから、どうしても制作料金が高くなります。

しかし、今やパソコンよりもスマホ等のモバイル機器のほうがはるかに普及し、検索もスマホで行う人のほうが圧倒的に多くなっていますので、Googleもこの状況に対応するため、モバイルフレンドリー(モバイル機器での閲覧に対して親切な設計のWebサイト構造になっている)なサイトを、検索時に優先的に上位に表示させようという動きにシフトしていっているようです。

もちろん、業種によっては、モバイル機器から閲覧に来る人はほとんどいない(例えば特殊な業種で、一般の人が探してくることはあまりなくて、役所関係の人がパソコンで見ることがほとんど)という場合もあるでしょう。ですが、閲覧者がパソコンから見に来るかスマホから見に来るかにかかわらず、モバイル対応していないサイトは、やがて検索エンジンから相手にされなくなる・・・という日が来るかもしれません。(いや、すでにそうなりつつある?)

ちなみに、株式会社ピクセル工房では、新規・フルリニューアルのお客様に対し、レスポンシブWebデザインをお勧めしています。


カテゴリー:仕事
コメント:

コメントは受け付けていません。

« »

コンテンツ案内

▲PAGETOP▲