Web屋の呟き

2021.06.23
私の本業は、もちろん「ホームページ制作」です。
このブログのタイトル「Web屋の呟き」とあるように、WebデザイナーとしてWebサイトの制作を行っている会社です。

でも、ホームページの制作とは全く関係のないこともやっています。
それは、阿波おどりの小物製作。



今回は締太鼓型根付のご注文をいただきました。

相変わらず手間はかかるので時間もかかります。
はじめに、革の表面に着色するのですが、うまく塗るにはコツもいるし、塗料の材質も適・不適はあります。
また、革部分に縫い目を入れますが、これがなかなか大変です。均等に穴を開けて糸を通していくのですが、わずか0.1ミリズレただけでゆがんだり間隔が均等にならなかったりするので、細心の注意を払いながら穴を開けていきます。とはいえ、手作業なので、自分の目とカンに頼っていますが、歳とともに怪しくなってきます(笑)。

最後に「調べ」(締太鼓を締める紐)を巻いて締めていく作業は、それまでの工程に比べると楽なほうです。私は以前に阿波おどり連で10年ほど締太鼓を担当していた経験がありますので、締太鼓を締めるのは慣れています。

本体ができたら、ストラップを作ります。毎回長さや形が変わってしまいますが、これは「手作りの味」ということでご勘弁を!

完成品↓

2021.06.17


約9年前から、Web及びDTP関連のデザイナーらが集まって勉強会をしています。
元々、とあるセミナーで一緒になった、Webデザイナー、ホームページ制作会社、グラフィックデザイナー、DTP業界の人たちと、「せっかくこうして業界人が集まって知り合いになれたのだから、定期的に集まって勉強会や意見交換をしようじゃないか」という話になったのがきっかけです。

それで、はじめは徳島市内の集会スペースのようなところをお借りして、勉強会を毎月開催しておりました。当時は多いときで十数人ぐらい集まっていました。
やがて、そのスペースは事情で借りられなくなったので、「じゃあウチでよければ会場として提供しますよ。駐車場代もかからないし」と言って私の自宅の一室を、勉強会の会場として提供することになったのです。

ただ、皆さんお仕事の都合や用事があったりしてスケジュールが合わず、集まる人は徐々に減少傾向にありました。参加人数が少なすぎて開催を中止した月もあります。

さて、そんな中、昨年2月ごろから新型コロナウイルスが猛威を振るいだし、数人以上の集会は原則として自粛せざるを得ない状況になり、何度か中止もしました。
ある程度感染者が少なくなったり収束したりしたらまた我が家の会議室?で開催しようと思っていたのですが、一向に収束する気配はありません。そこで、2020年4月、この勉強会では初となる、スカイプでの「オンライン会議」を開催することにしました。

初めてのスカイプ会議ですが、特に問題もなく開催でき、ほぼオフライン会議と変わりない勉強会ができました。
もちろん、新型コロナが収束すればいつでも元の勉強会に戻すつもりでいました。

ところが、あれからもう1年以上経過しても、収束どころか、むしろ第2波、第3波、第4波と、ひどくなる一方です。
出口の見えない長い暗いトンネルを、いつまで歩けばいいのでしょうか?

とはいえ、オンライン会議は、それはそれなりにいいところもあります。
元々、我々勉強会の会員は、パソコンを使ってデータを作成するのが本業。ですから、製造業などのように現物を持ち寄ったりすることもありません。パソコンを使ってのオンライン会議も特に問題なく行うことができます。

オンライン会議のメリットを挙げてみます。

①移動しなくていいので、交通費、ガソリン代が節約できる。
②移動しなくていいので、移動する時間の節約になる。
③いつも使っているパソコンで会議ができるので、ネット環境さえあれば気軽に参加でき、またリラックスした状態で会議ができる。
④スカイプでもズームでも、背景をぼかしたり変更したりできるので、空間のプライバシーは確保できる。
⑤自分の顔が映るのが嫌な場合でも、映像を流さずに音声だけで会議に参加することも可能。
⑥ズームは40分以上の場合有料になるが、スカイプなら無料で何時間でも使用できる。

デメリットはほぼないと思います。

でもまあ、一番いいのはやはり、さっさと新型コロナが収束することでしょうね。
2021.06.16


架空請求、フィッシング詐欺・・・未だになくなりませんね。
この手のメールが詐欺だというのはもう世の中に充分認知されていると思うのですが、それでもこうしてメールを送ってくるヤツが絶えないということは、やっぱりまだこうした詐欺に引っかかる人がたくさん居るということなんでしょうか?

私が持っているAmazonのアカウントは、このメールアドレスでは登録されていませんので、そもそもこのメールアドレスにAmazonからメールが来ること自体あり得ません。怪しいメールであるということはイッパツでわかります。
そして、「Amazonログイン」というオレンジのボタンのリンク先は、

https://amazzom.xxxxxxxxxxx.info/

なんですか?「amazzom」って?(笑)
それに、文章も

「・・・誠にありがとうございま。」

おいおい、「す」はないのか?(笑)

「アカウントで不審なお支払いが検出されました。取引注文を防ぐために、個人情報を確認する必要があります。」

この文章もちょっと意味がわかりませんね。(笑)

新型コロナもなかなか収束の気配が見えずウンザリですが、この詐欺メールもいい加減収束というか絶滅してほしいですね。

コンテンツ案内

お問い合わせはこちらまで

お電話:088-635-9346

株式会社ピクセル工房
〒779-3120
徳島県徳島市国府町南岩延251-1

▲PAGETOP▲

- CafeLog -